会長ご挨拶・取り組み

このたび、新元号『令和』となり、当蓮根駅前通り商栄会も新しい時代に即応すべくホームページをリニューアルいたしました。また、本年度よりSNSを活用した会員間の情報の共有化として、LINEグループでのメッセージ共有(試運転)を実施した結果、多くの会員の皆様に参加・活用して頂いております。今後は地域への情報発信基地として、商栄会独自の地域情報発信を進めて行きたいと思います。
私達は、新しい時代令和の始まりと共に、次世代と共存共栄し、安心して住みよい明るい活力ある賑わう元気な駅前商店街を目指し、地域社会に貢献し取り組んで歩んで行きたいと思います。

蓮根駅前通り商栄会
会長 内田 實

蓮根という地名の由来

ここ蓮根(はすね)と云う地名は、明治32年隣同士の「大字上蓮沼」と「根葉(ねっぱ)村」の2つの村の合併により、両村の上蓮沼の「蓮」と根葉村の「根」の一字づつが合わさって「蓮根」という地名が生まれました。

昭和初期頃までは一眺千里の田園で、元の「蓮沼」の名にも示すように蓮の花も咲くのどかな農村地帯でした。

写真:板橋区郷土資料館

北豊島郡時代の板橋の地名

蓮根駅前通り商栄会の歴史

ここ蓮根の地には、3つの商店街が並行するように隣接しています。
昭和33年に設立された地元密着の商店街「蓮根中央商店会」「はすねロータス商店会」そして都営地下鉄蓮根駅前の立地を生かした私達の「蓮根駅前通り商栄会」です。